読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

28)トータル・リコール(2012年)

cinema

トータル・リコール (2012年 米)

 
1990年に制作されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名SF作品のリメイク。
 
シュワちゃんの方の旧作(以下、旧作)は、映画館にも観に行っていてその後も何度となく鑑賞している。
火星の税関でおばさんの顔が細切れになり、その下からシュワちゃんが登場!とか、火星大気に生身で放り出されて目玉が飛び出る描写など、アクの強い映像で印象に残る良作であった。
 
さて本作はそのトータル・リコールの正統派リメイクなのだが、始まってすぐに旧作とだいぶ趣が違うことに気づく。
本作の世界観は、シュワ版の旧作よりもむしろ原作(フィリップ・K・ディック作)を同じとする『ブレードランナー』に近いかもしれない。
日本語を始めとしたアジア系言語が、主人公が住む貧民層の街「コロニー」に氾濫していて、どことなくシュールな印象を与える映像である。
 
そして、旧作と最も違うのが舞台設定だ。
旧作の主な冒険の舞台は“火星”だったが、本作において主役のクエイド(演:コリン・ファレル)が大暴れするのは、地球上のちょうど反対側に位置する欧州を領土とした「ブリテン連邦(以下、UFB)」になる。
 
前述の「コロニー」と「UFB」以外の地域は化学兵器の使用により居住不可能になったという設定で、コロニーの貧しい住民は、地球のコア(中心)を通る巨大なエレベーター「ザ・フォール」に乗って、UFBへ毎日通勤しているというアイディアが面白い。
さらに、舞台が火星ではないので、旧作での“テラフォーミング”オチを使えない訳だが、ラストも旧作ファンの期待を大きく裏切ることなくうまくストーリーをまとめることに成功している。このあたりの脚本のうまさはさすがハリウッド製大作映画の面目躍如と言ったところか。
 
特撮においても、旧作では手作り感が漂うおどろおどろしいイメージのものだったが、本作は全編に渡りCGで作られていて、より洗練されてスマートなデキになった。ここは制作年度の新しさを感じるところだ。
 
また、旧作よりもさらにアクションに重きを置いている印象で、UFBでのホバー(空中)パトカーでのカーチェイスや、クエイドとメリーナ(本作ヒロイン)への追跡劇、格闘シーンなど手に汗握る展開もふんだんに用意されている。
 
そして何より、主人公・クエイドの妻役にして敵役のローリーが旧作に比べ数段パワーアップしていてびっくり。
旧作のローリー(演:シャロン・ストーン)もその妖艶な魅力に似合わぬ戦闘能力で印象に残ったキャラクターだったが、本作のローリー(演:ケイト・ベッキンセイル)は、旧作の比ではない高い戦闘力でクエイドを激しく追い詰める。このお話の悪だくみの黒幕であるコーヘイゲンを完全に食ってしまう悪役っぷりが実にえげつない。
 
ケイト・ベッキンセイルといえば、その美貌と長身かつプロポーション抜群な容姿から勝手に“おしとやかな女優”というイメージを持っていたが、本作での悪役はいい意味で期待を裏切られた。
シャーリーズ・セロンのように、美形アイドル/演技派/アクション、どれでもOK!的な万能女優を目指せる素材かも..と思わせる熱演だった。
 
本作は、特撮も一定水準以上にクオリティーが高くまた迫力もあり、最後まで飽きさせない適度なサスペンス・アクション映画に仕上がっていて、それなりに面白い作品であった。
ただ、旧作のポール・バーホーベン監督によるあの独特の世界観も自分としては捨てがたく、いやむしろ、旧作を観たときほどのワクワク感は正直味わえなかったコリン・ファレル版でした。
 
私的評価:★★★☆☆