読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

02)ボーイズ・ドント・クライ

cinema

ボーイズ・ドント・クライ』 (1999年 米)

ヒラリー・スワンクがこの年のアカデミー賞、主演女優賞を獲得した問題作。

何とも後味の悪い映画だ。後味の悪さでは同じくスワンクが女優賞に輝いた、『ミリオンダラー・ベイビー』の上を行く。 
全編に漂う息が詰まるほどの閉塞感。本来なら美しいはず(想像)のネブラスカ州の情景などはほとんど見ることができない。

スワンクが身体は女、心は男…”性同一性障害”という難しい役柄を見事に演じきり、数々の映画賞を総なめにした…のはまま納得できるが、”性同一性障害”というのはあくまでこの映画の一つの要素でしかなく、あまり深く掘り下げられてはいない。
この映画の本質は別のところにある気がする。

「アメリカの田舎町の若者の典型って、こんななの?」と疑問に思うくらい、とにかく共感できるキャラクターが誰一人として登場しない。 
単なる「片時もタバコや酒を離すことができない前科者の暴走劇」としてしまっては少々乱暴か。
とにかく保守的で暴力的。舞台の街、人間の不寛容さに吐き気すら覚える。

ストーリーは実話(スワンクの役、ティーナ・ブランドンも実在の人物)を下敷きにしているというが、果たしてどこまでのエピソードが実際に起きたことなのだろう…?

あまり気が滅入っているときの鑑賞はオススメできない。 私自身も二度目は観る気が起きない映画である。

 

私的評価:★★☆☆☆

 

ボーイズ・ドント・クライ [DVD]