読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

19)エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2 (2012年 米)

 
シルベスター・スタローンがその人脈でかき集めた往年のアクション俳優陣によるアンサンブル映画の第二弾。
 
主に80年代以降に活躍してきたマッチョマン達が、銃弾の雨あられを降らせ、殴り合いやナイフを使った格闘などの肉弾戦をこれでもかと繰り広げる軍事アクション映画である。
シリーズの1作目も観ているが、飛び交う銃弾の数も、死ぬ人間の数も半端ではない。もちろんその筋肉量も1作目に比べて数段レベルアップしている!?
 
前作から続投のシュワちゃんブルース・ウィリス、さらにはジェイソン・ステイサムドルフ・ラングレンジェット・リーなどおなじみの面々に加え、今回の敵役はジャン=クロード・ヴァンダムという念の入れようである。これは期待せずにはいられない。
このメンツだけでもお腹いっぱいなのに、今作にはなんと伝説の男チャック・ノリスまでご登場である。70年代〜80年代のハリウッドアクション映画で育ったワタシのようなおじさんはもう狂喜乱舞する他ない。
 
これらの豪華俳優ありきの強引な配役やトンデモ展開が若干気にはなるものの、この映画にリアリティだの、人間ドラマだのを求めるのは野暮というもの。
ストーリーは二の次、とにかく観客を楽しませることに徹底的に拘った爽快なまでの突き抜けっぷりに拍手を送りたい。
観客と言っても、チャック・ノリス?誰このジジイ?と思っているような若い人や女性は見向きもしないだろう。
ターゲットはワタシと同年代以上のおっさんに限られる極めて男臭い、おっさん達によるおっさん達のための映画に仕上がっている。
 
並み居るおっさん消耗品(=エクスペンダブルズ)仲間において、途中で殺されてしまう新メンバーのビリーを除けば一番若い(?)であろうジェイソン・ステイサムのケンカ闘法やセリフ回しなどはとにかくカッコイイ。
先日鑑賞したワイルド・スピードスカイミッションでも清々しいほど憎たらしい凄腕の悪役を演じていたが、ジェイソンは今ハリウッドで最もクールでセクシーなハゲ..否スキンヘッド俳優だと思う。(褒め言葉)
 
世界的に評判がいいのか本作はシリーズ化され、3作目も昨年封切られていたが(そちらは未見)、4作目もスタローンはやってくれそうだ。
これらスターの競演を誰もが一度は夢見るも企画倒れに終わりそうな、そんな映画シリーズを現実のものとして私達に提供してくれるスタローンには素直に敬意を表したい。
もうすでに還暦を過ぎて結構たっているはずだが、彼の映画への情熱は、スクリーンの中の役柄同様に今もなお衰え知らずのようだ。
この際、余計なことは考えずに頭を空っぽにして鑑賞したい。マッチョジジイ万歳。
 
私的評価:★★★★☆