読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

43)コラテラル

cinema

コラテラル (2004年 米)

トム・クルーズジェイミー・フォックス共演のサスペンス・アクション映画。


すごく簡単にあらすじを書くと、凄腕の殺し屋であるヴィンセント(トム・クルーズ)が、マックス(ジェイミー・フォックス)が運転するタクシーをひと晩貸し切り、計5人を殺して回るための送迎をさせる、というお話。

 

似たような時期に、シュワルツェネッガー主演の『コラテラル・ダメージ』という米映画があり、恥ずかしながら最近まで本作とまともに区別がついていなかった。この度よくよく二つの作品を見比べてみて、全く異なる映画であることが判明!(そりゃそうだ、のツッコミはご勘弁..)

 

コラテラル(Collateral)とは、「(不運な)巻き添え」という意味があるらしい。シュワちゃんの映画の方は、「テロでの副次的な巻き添え被害」というものだった。

本作の場合は、「(殺人事件の共犯として)巻き添えになる」といった意味になると思うが、真面目さだけが取り柄のタクシー運転手が、理不尽極まりない犯罪に無理やり付き合わされるという、取っ掛かりとしてはなかなかのアイディア。

ただし、いかんせん突っ込みどころが多すぎて、いま一つリアリティーに欠けるのが残念だ。
凄腕のはずの殺し屋が、一人目を殺す際に、いきなりターゲット(死体)をマンションの窓から下に落っことすという大失態をやらかす。そもそも、何人も殺して回るのに何でタクシーを運転手ごと貸切る必要があるのだ?自分で車でも調達して回った方が危なくなくね?とか、冷静に考えてみると、いくらなんでも場当たり的、やることなすこと犯罪発覚リスクが高くてとてもクールな殺し屋に思えないのである。
さらには、マックスにターゲットの情報が入ったPCを捨てられて、殺しの依頼主に情報のコピーをもらいに行かせるくだりなんて、もうギャグかと...。

 

そんな一見ちょっと抜けている感じの殺し屋なのだが、これがトム・クルーズが演じると超絶クールに見えてきてしまうである。これはひょっとして凄いことではないだろうか。
アクションのキレやその動きのしなやかさ、華麗なガンさばきなどは、さすがは稀代のアクション・スターである。もはやこれを見るだけでもこの映画の価値はあるとさえ思える。
おそらく、並みの俳優が演じたならば、そのまま"お間抜け"に見えてきたはずである。

 

一方、不運なタクシードライバーを演じるジェイミー・フォックスだが、夢ばかり見ていて本当にやりたいことをなかなか実行に移せない、という典型的な"善良小市民"からひと皮むけ、文字通りの「コラテラル」を通じて強く変わっていく心の動きを自然に演じていて、こちらもなかなかの好印象であった。
(この備忘録でも以前記事を書いた)オスカーを受賞した『Ray/レイ』と、この『コラテラル』の公開は奇しくも同じ2004年だったようで、彼にとってこの年は非常に濃密な一年だったのではないだろうか。

 

私的評価:★★★☆☆

 

コラテラル (字幕版)

コラテラル (字幕版)