読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

41)ニューヨーク1997

ニューヨーク1997 (1981年 米)

この映画、ずいぶんと昔に観た記憶はあるのだが、内容をまるで覚えてなく、先日たまたまBSプレミアムで放映していたので鑑賞してみた。

ジョン・カーペンター監督とカート・ラッセル主演の黄金コンビによる近未来アクション・ムービー。近未来といっても、今となっては遥か昔、タイトル通り1997年のニューヨークが舞台となっている。

特にすんごいガジェットだったり、きらびやかな街並みだったりが出てくる訳でもなく、81年にリアルタイムで見ていたとしてもあまり"未来"は感じないよなぁ..と思える作風。

 

ジョン・カーペンターといえば、『ハロウィン』や『遊星からの物体X』など、どちらかといえばホラーっぽい作品が得意なイメージがあるが、こういったサスペンス/アクション物もそれなりに面白い。

余談だが、『遊星からの物体X』を初めて観たときはホントに衝撃的だった。とにかく「スゲー!!」な映画だったな。"物体X"のあのグロテクスで独創的な造形に度肝を抜かれたのをよく覚えている。

 

翻って本作だが、まず、ニューヨークに犯罪者が増えすぎてもう面倒くさいからマンハッタン島全域を封鎖して丸ごと監獄にしてしまえ!という設定がユニーク。
大統領を乗せたエアフォースワンがハイジャックされ、監獄島と化したマンハッタンのビル群に突っ込むというくだりは、本作公開のちょうど20年後の「9.11」を想起せざるを得ないシーンであろう。

しかも、カートラッセル演じるスネーク・プリスキンが、大統領救出の任務を帯びてグライダーに乗って潜入するのが、その9.11で倒壊した世界貿易センタービルというおまけ付きだ。何か暗示めいたものを感じてしまうのは私だけではないはず。

 

犯罪者の手に落ちたVIPを単身救いに行くというのは、今となっては手垢の付いたプロットにも思えるが、ひょっとしてこの映画が"はしり"だったりするのかもしれない。

つい最近『ワイルド・スピード』シリーズの最新作で久しぶりに見たカート・ラッセルは、さすがに老けたなぁ..と思わずにはいられなかったのだが、この映画では、当然のことながら若々しくてクールなカート・ラッセルに会える。

ただし、昨今の『ワイルド・スピード』や『ジェイソン・ボーン』シリーズなどのハイテンション・アクションに見慣れた目で見てしまうと、いかんせんアクションの一つ一つやストーリー展開そのものがスローモー。
場面の繋ぎなどのカメラワークがブツ切れに感じられ、それらがB級映画感を醸し出している原因のひとつかと思えるほどだ。

また、スネーク・プリスキンは、24時間以内に大統領を救出して帰って来ないと、頸動脈に注射された小型爆弾が爆発してしまう仕掛けを施されるのだが、「もう時間がない!!」といった緊迫感があまり画面から伝わってこない。故に観る側としてもテンションが長続きしないのが惜しい。80年代当時の予算規模の小さいアクション映画の限界が見えてしまうところである。

 

とは言っても、その世界観や設定のアイディアなどは決して悪くなく、共演陣もなにげに豪華で驚いた。
以前観たときは、それこそカート・ラッセルしか認識できなかったのだが、今改めて見直すと、警察側のボス役は、往年のマカロニ・ウェスタンで渋い悪役を演じていた、名優リー・ヴァン・クリーフ
さらに、捕まった米国大統領をややコミカルに演じているのは、なんと『ハロウィン』シリーズのルーミス医師役でお馴染みの名バイプレーヤー、ドナルド・プレザンスではないか!

 

ややもすれば"カルト映画の巨匠"とも揶揄されるジョン・カーペンターだが、私は彼の作品群は決して嫌いではない。むしろ好き。
最近このクリエイターの作品をあまり聞かなってしまって久しい気がするが、願わくば潤沢な資金と最新の技術を使って、ぜひニューヨーク1997のような新作を期待したいところだ。

 

私的評価:★★★☆☆

 

ニューヨーク1997 [DVD]

ニューヨーク1997 [DVD]