読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

33)パシフィック・リム

cinema

パシフィック・リム (2013年 米)

 

今年の3月くらいにフジテレビの地上波放送を録画したものを先日ようやく鑑賞。全然タイムリーでないことをまず初めにお断りしておく。

 

突如太平洋上に現れ暴れまくる巨大怪獣にイェーガーと呼ばれる人型の巨大ロポットで応戦する人々を描いたSF・アクション大作である。

観る前は当映画についての予備知識がほぼなく、ただのB級ロボット映画だろ..くらいにしか思っていなかったが、ごめんなさい。
色々と突っ込みどころはあるにせよ、ものすごい作品だった。想像以上に楽しめた2時間余りであり、期待してなかった分ちょっと得した気分になった。

 

本作は、ガメラウルトラマン、さらにはエヴァンゲリオンマジンガーZ等々..元ネタがいくつも思いつくほどに日本の"怪獣&スーパーロボット物"に影響されていると感じる。

ただ、日本でこれを実写映画として製作したらとんでもないモノが出来上がりそうであるが、そこはハリウッド。
CGを多用しても適度にリアリティーを醸し出しながら、大人の鑑賞に耐えうる見栄えのある映像に仕上がっている。
イェーガー(スーパーロボット)のリアリティーさや重厚感、戦闘時の挙動や音、敵である怪獣の造形など、子細に渡りよくできていると思う。

かなりの説得力を持って、画面いっぱいに怪獣vs巨大ロボの肉弾戦が展開される。これは映画館で観たかったな..と若干の後悔。

 

出演者は、本作のヒロインである菊地凛子以外は正直あまりピンとこない俳優陣であったが、ほとんど気にならないほどに主要キャスト各々のキャラが立っていて好印象。
主役は怪獣やロボットではなく、あくまで人間であることを強く印象づけることに成功している。

 

最後に蛇足だが...
フジの地上波放映にあたり、【芦田愛菜ハリウッドデビュー作!】という副題が付けられていて、彼女がどんな活躍をするのかと思いきや... 「えっ、これだけ!? これで芦田愛菜をフィーチャーするの?」という疑念しか湧いてこず、完全にチョイ役に留まる芦田愛菜のゴリ押しっぷりに、何か特別な事情⁇と勘ぐらずにはいられなかった。
菊地凛子に謝れ!」と思わず叫んでしまうほどであったと付け加えておく。

 

私的評価:★★★★☆