映画鑑賞備忘録

突然ですが、最近は映画館に行ける余裕もあまりなく... 主にTVで観た旧作映画の感想など思うがままに書き綴っています...。

50)エクス・マキナ

エクス・マキナ (2015年 英)

AIヒューマノイドの反乱を主軸においた密室サスペンス。 レックス・ガーランド監督作品。

耳馴染みのないタイトルの「エクス・マキナ」とは、ラテン語で「機械仕掛けの~」といった意味だそうだ。
元々はギリシャ悲劇などの「デウス・エクス・マキナ」と呼ばれる演出技法からきていて、物語の内容が混沌としてきた時に、突然現れた"神"が一気に難題を解決してしまうやり方を指す。
その神がクレーンのような機械の仕掛けで突然現れる様を由来とする言葉なのだそうだ。
女性型ヒューマノイドを、物語を悲劇的に解決する「神」として、比喩的に表現したタイトルということか。

 

GoogleあるいはFacebookを彷彿とさせる、IT企業「ブルーブック」で働く若手エンジニアのケイレブは、社内の抽選でブルーブックの社長であるネイサンの別荘を訪問する機会を得る。
山深い場所にあるそのネイサンの別荘とは、実は人工知能の研究開発施設で、ケイレブは抽選で選ばれたわけではなく、訳あってネイサンが指名したものだった。
別荘には当初ネイサン以外の人間はいないかと思っていたケイレブは、その後女性型ヒューマノイドエヴァと対峙することになっていく。

 

一風変わった作風の映画だが、舞台となる山岳地帯の自然や強化ガラスの扉で覆われた未来的な別荘など、その斬新な映像は非常に美しい。
あえて峻険な環境にある"山荘"を舞台としたことで、別荘内部のハイテク設備の奇異さが一層きわ立ち、また外界との隔絶よる密室感も適度に高まっている。うまい演出だ。
登場人物が限られる密室劇であるがゆえに、会話中心のストーリー展開になるが、AIに関する興味深いうんちくが個人的にはとても面白く、全く飽きることがなかった。

 

ヒューマノイドエヴァは、顔は人間だが、お腹周り、腕、足が半透明で、内部で青色LEDが光っているのが透けて見える構造になっており、演じるアリシア・ヴィキャンデルの美貌と相まって何とも幻想的だ。
アリシア・ヴィキャンデルはこの作品で初めて見たと思っていたのだが、実はこれを見るよりも前にスクリーンでお目にかかっていたことに後で気が付いた。(最近こんなのばっかりだが)
マット・デイモンの『ジェイソン・ボーン (2016年 米)』においてヒロイン役で出ていたあの女優さんであった。Wikipediaによると北欧スウェーデンの出身らしい。ややエキゾチックな顔立ちの正統派美人ゆえに、魅惑のロボット役がよく似合う。

 

昨今売り出し中の若手俳優が揃って出演しているのもこの映画の特長のひとつ。
主演のケイレブ役は、最近話題作に立て続けに出演している、若手の注目株ドーナル・グリーソン。
アリシア・ヴィキャンデルは、上述の『ジェイソン・ボーン』のほか、2015年には『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞を獲得して一気にブレークした。
一方のネイサンは、顔面に髭を蓄え、筋トレに余念がないアル中気味の天才創業者という役どころなのだが、序盤から抜け目のない怪しい雰囲気を醸し出していて最も印象深い。
演じる役者名を見ると、オスカー・アイザックとある。オスカー・アイザック..? なんと、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のポー・ダメロンであった。
同一人物には全く見えない。恐ろしい性格俳優ぶり。

 

劇中の様々な効果音や音楽などもクオリティーの高い映像にマッチしていて違和感がない。エヴァが素早く動く際に発する何とも形容しがたい音や、ケイレブの心情に呼応するかのような、静かだがお腹のあたりにジワジワくる音楽も絶妙だ。

 

AIが創造主である人間に対して反抗する、もはや手垢にまみれたテーマだが、本作は静かにそして淡々と遂行されるところが新しい。当然「スカイネット」のような派手さこそないものの、ある意味『ターミネーター』以上に怖い映画だ。
終盤エヴァが一人で別荘を出て行こうとするときに後ろを振り返り、劇中最初で最後の笑顔を見せる。このシーンには背筋に冷たいものを覚える。それは誰かに見せるためのものではなく、目的が達成されたことへの満足感から自然発生した笑顔であったからだ。

若干のエロいシーンも盛り込まれ、R-15指定の作品になっているが、妖艶な女ロボットによる静かなる反乱は一見の価値ありと言っておこう。

 

私的評価:★★★★☆

 



49)アフター・アース

アフター・アース (2013年 米)

 

このところSF映画の備忘録が続いているが、またしてもSFで失礼。

出演者も含め全くの予備知識なしで鑑賞し始め...あれ?いつもとは若干雰囲気の違うウィル・スミスが出ているぞ..さらに、息子役の子は本当にウィル・スミスに似ているなー..と思っていたら、ウィルの実子のジェイデン・スミスだった。親子共演でかなり話題になった『幸せのちから』を見たことがあるのに、最初は全然気が付かなかった。

あらすじとしては、人類が地球とは違う別の天体に移植してから1000年後の物語になる。
人類にとってヤバイ怪物に対抗する特殊能力を持つ伝説の兵士、父スミスは、最後の任務に半人前兵士である息子スミスを同行させる。
目的の天体に向かう途中で、搭乗する宇宙船が事故に遭い、ある惑星に不時着(墜落?)してしまう。
生き残ったのは、瀕死の重傷を負って動けなくなってしまった父スミスと息子スミスの二人だけというヤバイ状況。
意を決して、息子スミスが、宇宙船墜落の際に100km先にバラバラに墜落してしまった船尾部分にある救難信号の発信機を取りに向かうところから本筋が始まる。

 

この不時着した惑星とは、人類がかつて環境汚染のため放棄した"地球"だったのだ。
1000年後の地球は、夜になると極度の低温になりヤバイ、酸素供給器具なしではほとんど呼吸もできなくてヤバイ、そして何より、人間に襲いかかる獰猛な生物がうようよしていて相当にヤバイ星になっていた。
果たして息子スミス君は無事救難信号機を持ち帰れるのか!?
取っ掛かりとしては悪くない。ワクワクさせる導入部で一気に引き込まれた。

母船にいる瀕死の父は通信機を通して息子にアレコレ指示を与え続け、息子は苛烈な環境の地球で様々な障害を乗り越えて、ついには船尾にたどり着く。
そして、因縁の怪物との宿命の対決が迫るのだが・・・。

 

この映画では、壮大なスケールと多額の予算をかけたスミス家長男の独り立ち物語を見させられるワケだが、確かに、VFXを駆使したクリチャーや未来的ギミックは臨場感があり、また独特の世界観もある。
一方で、苛烈な環境であるはずの未来の地球が、全くそのような環境に見えず、緑あふれる実に美しい星に見えてしまうのには若干の違和感があった。
大昔に去った人類に「隔離惑星」と認定されていた地球が、人間というガンがいなくなり、浄化され現在は居住できる環境に戻っていた、のようなオチを期待していたのだが、最後まで特にそのような描写は見られなかった。

 

主演のジェイデン君はかなり頑張っていた。父親への対抗心でやたらと強がってはいるが、いつも何かに怯えているような弱々しい少年から、極限の経験を経て、"漢"になっていく心情の変化をうまく表現できていたと思う。
父ウィルもニコリともしない威厳のある父親役で、いつものおちゃらけた印象とは一線を画す新境地の演技。
あえて未来の地球が舞台のSFとしたことで、突っ込みどころが増えてしまったワキの甘さは気になるものの、同じ年頃の息子を持つ父親としては十分共感できるし、終盤まで飽きさせない展開で脚本自体は悪くないと思う。

 

実を言うと、個人的には一番のサプライズは映画を観終わった後に待っていた。
何と監督が、M・ナイト・シャマランだったのだ。これには終わるまで気が付かなかった。予備知識ゼロで見るのも良し悪しかな、と最後に思った次第。

 

私的評価:★★★☆☆

 

 

 

48)月に囚われた男

月に囚われた男 (2009年 英)

 

妙なタイトルのこの映画、観る前には全く期待していなかったのだが、なかなか面白い映画に当たった。これだから過去映画漁りはやめられない。

全編サム・ロックウェルほぼ一人で進行するという、低予算を逆手に取ったストーリーが面白い。始まってすぐに画面から目が離せなくなってしまった。

 

近未来、月の裏側でたった一人資源を採掘する仕事に従事する男、サム・ベル(サム・ロックウェル)。
地球との直接通信は許されず、話し相手は1台のAIロボット「ガーティ」だけという環境であったが、3年に渡るサムの孤独な月面での仕事もあと2週間で終わりを迎えようとしていた。
そんな最中、サムの周りで不思議なことが起こり始める...というのがあらすじになる。

 

サム・ロックウェルの一人芝居がとにかく面白い。実は中盤から、サム自身による二人芝居(?)になるのだが、クローンのはずなのに完全に別人に見える。この違和感ない演じ分けが何気に凄いと思う。
サム・ロックウェルはこれといった代表作も思い当たらず、私の中でこれまでほとんど印象に残る役者ではなかったが、なかなかの芸達者ぶりに感服。

 

唯一の話し相手はAIロボのガーティだけという特異な環境下での孤独、焦燥感から、時にガーティに対して辛く当たったりするサムだが、そんな相棒の軽口にもいつも冷静に受け止めてあげるガーティ。
このガーティの声の主はどこかで聞いたことあるなーと思っていたら、なんと、ケビン・スペイシーだった。

ケビン・スペイシーの抑揚を抑えた落ち着いた声と、モニター部分に表示されるその時々の感情を表すニコちゃんマークが相まって、相棒「ガーティ」が実にいい味を出している。
予算の関係かもしれないが、天井に敷設されたレールを伝って月面基地内を移動する、天井吊り下げ式ロボットという発想も斬新だ。
SF映画に出てるくロボットといえば、人間を裏切る(敵役)設定が相場だが、前回観た『インターステラー』同様、このガーティも最後まで人間に寄り添ってくれるいいヤツだった。

 

ただ、中盤までは先の気になる展開ゆえにかなり引き込まれて観ていたのだが、終盤に向けてはちょっと尻すぼみ感が出てきてしまい... 脚本にもうひと捻りがあったら、文句なしに★5つを付けられる傑作なのに!とも感じる。

さらに、ミステリー要素はあるものの必要以上に観客を煽るといったシーンはなく、展開が淡々としていてリアリティーがある反面、娯楽映画的な衝撃度はいまひとつかもしれない。
ラストもハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかよく分からないまま終わってしまった感じだ。

 

この作品を観ながら改めて思ったのは、日本でもこんな映画が作れないだろうか?ということ。
たとえ予算がなくても、アイディアと脚本次第で面白い映画が作れる、の典型例だと思うので、日本でも絶対に作れそう。
少女漫画が原作の子供向け映画や、変に小難しいお涙頂戴映画ばかりでなく、このような映画ファンを唸らせるシンプルで面白い日本映画をぜひ作って欲しいと思う。

 

最後にひとつ。この映画、原題はただの『Moon』らしい。これだと月のどういう物語なのかイメージがあまり沸いてこない。(=観る気が起きないと思う)
邦題は『月に囚われた男』である。個人的には映画の内容を絶妙に表したセンスのいいタイトルだと感じた。原題を超える邦題を久しぶりに見た気がする。

 

私的評価:★★★★☆

 

 

 

 

 

47)インターステラー

インターステラー (2014年 米・英)

クリストファー・ノーラン監督、マシュー・マコノヒー主演によるSF大作。
近未来、環境汚染によって地球に住めなくなってしまった人類の存亡をかけた、恒星間(インターステラー)探査に挑む人々の物語。

 

自称"宇宙好き"のワタシにとってかなり期待していた作品であり、劇場公開時に観に行きたいと思っていながら、ついぞ観られなかった本作を遅ればせながら鑑賞した。
一般相対性理論」「事象の地平線」「特異点」といった、天文(物理?)学の専門用語が平然と飛び交うハードSFである。
ブラックホール理論の世界的権威である物理学者のキップ・ソーン氏が監修をしているという宇宙空間の描写や数々の天体の映像美は一見の価値あり。

ワームホール内部の様子や間近に迫るブラックホールの美しい地平面など、これまでのどのSF映画でも見たことのないリアルな光景にため息。宇宙好きならこれだけでご飯三杯はいけそうだ。

 

取っ掛かりはハードSFでも、途中マット・デイモン演じるマン博士の暴走によって引き起こされるハラハラドキドキシーンや、文字通り"時空"を超えた親子愛物語なども盛り込まれ、エンタメ映画としても見どころは多い。

 

ハリウッドのSF映画というと、宇宙船や機器・デバイス類がきらびやかだったりするのが定石だが、どちらかというとリアリティー追求型のノーラン監督だけあって、未来チックな"仕掛け"はやや控えめに作られている。
というか、むしろそれらセットや小道具の類が最新のSF映画としては、少々古臭い印象すら受ける。

中でもただの直方体をつなぎ合わせたかのようなAIロボット、「TARS」や「CASE」のコレジャナイ感がすごい(ほめ言葉)。
SFに登場するロボットといえば、目新しさやギミックに目が行きがちだが、あえてこのような造形にした制作陣に拍手を送りたい。
最初は単なるモノリス板にしか見えなかった「TARS」「CASE」だが、冒険の合間合間に挟まれるクルーたちとの軽口の言い合いを経て、終盤にはまるで人格を有する知的生物のように見えてくるから不思議だ。

本作の全体の雰囲気は、名作『2001年 宇宙の旅』をかなり意識していると思われる。ただ、「TARS」と「CASE」は「HAL9000」とは違い、最後まで人間を裏切らないナイスガイだが。

 

また、ノーラン映画ではお馴染みのハンス・ジマーによるスコアや音響効果も素晴らしい。
緊張の高まるようなシーンでは、同じフレーズの執拗なリフレインで危機感を煽る一方で、宇宙空間での効果音はあえて"無音"を多用する、といった動・静の対比に感心。深宇宙での静寂感や孤立感を音楽が一層引き立たせている。


特に、物語後半でマン博士が探査艇で逃げ母船に近づくドキドキシーンではリフレインで緊張感を高め、母船と接続不良にも関わらずハッチを開けようとして減圧→連結部分が吹き飛ぶ瞬間の描写が無音という印象的なシーンがある。
音は真空では伝わず宇宙空間での爆発などは実際は音がしない、という演出を見事に実践。

確か『ゼロ・グラビティ』でも似たような無音衝突のシーンがあるが、この音もなく宇宙船が破壊されていく描写は本当に怖い。

 

この映画、ラストが特に難解(というか、びっくり展開?)で、一見ハードSFらしからぬ非科学的にも見えるオチに賛否両論があるのも頷ける。
ただ、そこは極めて人間的というか、やや宗教的な解釈になっているところにノーラン監督の本当の狙いがあるのだろう。結局のところ、この映画はハードSFの体をなす人間賛歌ドラマなのだ。

 

私的評価:★★★★★

 

 

 

 

 

46)インサイド・マン

インサイド・マン (2006年 米)

 

白昼堂々と強盗団に襲われる、ニューヨークの信託銀行を舞台としたクライムサスペンス。

これは面白い!ラストに驚愕!!といった評価が多く、以前から気になっていた作品だった。

見始めてすぐのオープニングクレジットで、監督がスパイク・リーだとその時初めて気がついた。
スパイク・リーと言えば、人種差別問題を主眼に置いた社会派監督のイメージが強く、まさか本作の監督だとは露ほども思ってなくてびっくり。
(リー監督がよく起用する)デンゼル・ワシントンが主演というのは予備知識として持っていたが、正直監督までは気にしていなかった。

ニューヨーク・マンハッタンにある銀行が4人の強盗団に襲撃され、行員、お客など合わせて50名もの人質をとり、立てこもる事件が発生。
急報を受けたフレイジャー刑事(デンゼル・ワシントン)を中心とするニューヨーク市警と犯人たちの昼夜に渡る息詰まる駆け引きが描かれる。

犯人グループのリーダー役であるクライブ・オーウェンによる完全犯罪の勝利宣言から始まる本作は、どうやら現金強奪が犯人たちのお目当てではないらしい、ということを匂わせる展開に。

銀行に立てこもった犯人グループの真の目的は何なのか? どうやって警察に包囲された銀行から逃亡する気なのか? サスペンス映画特有のWhy?How?が次々と提示され、一気にストーリーに引き込まれる。

 そこに、ジョディ・フォスターウィレム・デフォーなど(ウィレム・デフォーはほとんど見せ場なしの完全なチョイ役だが..)の知名度のある芸達者たちが絶妙に絡んできて...最後まで観客を飽きさせないシナリオは前評判通りだった。

 

また、そこはやはりスパイク・リーなので、いつものように人種差別への皮肉も忘れてはいない。本作も所々で、黒人、アラブ系、そしてユダヤ人に対しての差別的エピソードが挿入されている。
撮影手法も独特で、人物を取り囲むようにぐるぐる回るカメラワークや素早く細かいカット割りなど、見てる者の不安をあおるような演出は見事である。

 

ただし、少々スタイリッシュな作りにこだわったせいか、説明不足で分かりづらいところがあるのが難点か。
事件が進行している真っ只中で、人質になった人々への(事件後の)尋問場面が度々インサートされるのだが、このシーンが最初は意味が分からなく、作品を通しての難解さに拍車をかけている気がする。
実はこのシーンが結末への重要な伏線になっているのだが、初見では人質たちの判別ができないのがもどかしい。
1度の鑑賞だけではよく理解できず、答え合わせ的に2度観たのだが、それでも全容は分からずじまいだった。すいません、当方の理解力不足です。

 

劇中では"事の成り行き"が、結局全ては説明されないので、最終的な結論は観客任せ、の感が拭えない。

というか、犯人たちの真の目的ブツが、思わせぶりな展開の割には意外とショボくて、動機付けとしては弱くないだろうか、コレ。

 

タイトルの「Inside Man」がそのまま伏線になっていて、犯人の銀行からの脱出方法には思わずニヤリとさせられるものの、謎解き系サスペンス映画として俯瞰すると、ラストはいま一つスッキリできるものではなかった。

 

私的評価:★★★☆☆

 

 

 

45)アルゴ

アルゴ (2012年 米)

 

この年のアカデミー賞・作品賞に選出された話題作。ベン・アフレック監督、主演作品。

 

本作は、1979年に実際に起こったイランでの「アメリカ大使館占拠事件」をテーマにしているポリティカル・サスペンス。
イスラム反米デモ隊による米大使館占拠の混乱に乗じてうまく逃げ出した6名の外交官は、秘密裏に近くのカナダ大使公邸に身をひそめていた。
CIAとカナダ政府は、「アルゴ」という架空のSF映画をでっち上げて、6名をその制作スタッフに偽装させ、イラン国外へ脱出させる作戦を実行することになるが…。

 

"事実は小説より奇なり"と言うが、本当にこんなおかしな作戦を大真面目に実行したのか、という事実にまずびっくり。

どうせならこの「脱出劇」に重きを置いて、思いっきりエンターテイメントに振り切った映画にもできたはずだが、本作はそういったサスペンス・アクション要素はやや控えめに作られている。題材が題材だけにその辺りには配慮し、どちらかと言うと、事実を淡々と、そしてその時の当事者の感情の動きを丁寧に描き出している印象だ。

ただそこは映画の世界なので、作戦実行直前に突如中止命令が出たり、テヘランの空港で足止めされたり、イスラム革命軍に追っかけられたり、といった"見せ場"も多少は盛り込まれていて飽きさせない展開にはなっている。

 

ベン・アフレックは、過去の『アルマゲドン』や『パール・ハーバー』といった娯楽大作とは異なり、自らメガフォンを取った本作では、俳優としてはやや"抑え目"に見える。

実在のCIA工作員がモデルとなっている関係か、顔面に髭をたくわえ、感情をほんとんど乱すこともなく冷静な演技に終始。最初にスクリーンに登場した時に「誰!?」と思ってしまったほどに、それまでのベンの印象とは違って見えた。歳を重ねたせいもあるが、渋い役者になったものだ。

 

また、70年~80年代当時のファッションや世俗感を忠実に再現していて、当時へのリスペクトが伺える面も好印象だった。「あー、あの頃のアメリカ人は(映画の中で)こんな洋服で、こんな眼鏡かけてたな~。」といった懐かしさもある。

エンディングにおいて、今回演じた役者と実際の当事者の写真が交互に映し出され、かなり本人たちに容姿を似せていたことに最後に気がついた次第。

 

やや気になるのは、そこはやはりアメリカ映画なので、"アメリカ寄り"に作られていることか。

イランの歴史的、宗教的背景にはあまり触れられておらず、必要以上に野蛮なイラン人、良識あるアメリカ人として描かれている気がしなくもない。

もしイラン人が作ったら、同じ題材でも全く違う解釈をした映画になるだろうことは容易に想像できる。

どっちの国が正しい、正しくないはそれぞれの立場で様々な意見があると思うが、この作品がオスカーを取ってしまうというところに、アメリカという国の現状が透けて見える。

 

私的評価:★★★☆☆

 

アルゴ (字幕版)

アルゴ (字幕版)

 

 

 

44)東京上空いらっしゃいませ

東京上空いらっしゃいませ  (1990年 日本)

牧瀬里穂中井貴一が出演する、今は亡き相米慎二監督作品。相米監督と言えば、『セーラー服と機関銃』『ションベン・ライダー』『雪の断章』など、当時劇場に足を運んだ作品は数知れず。

特別好きだったというわけではないが、80年代から90年代にかけて、演技に不慣れなアイドル女優たちをうまく料理してくれる作品が多く、興味をそそられた監督である。

 

本作は劇場でこそ観ていないが、相当昔にビデオで一度観ていて、先日BSプレミアムの番組表で見つけて、あまりの懐かしさに即録画予約した。

デビュー間もない牧瀬里穂がとにかく初々しい。拙いセリフ回しやちょっとヤケクソ気味の演技は多少鼻につくものの、その清々しさ、溌剌さで何だか許せてしまう。

 

ストーリーとしては、タレントとして売り出し中だったユウ(牧瀬里穂)が不慮の事故で死んでしまうが、自分の死を受け入れられず、天使のコオロギ(笑福亭鶴瓶・二役)を騙して、自分の姿で舞い戻ってくる、というゴースト・ファンタジー。

ファンタジーという特性ゆえか、相米監督お得意の「長回し」撮影はこの作品においてはやや控えめな気がするが、それでも遠くから時間をかけてゆっくりと人物にズームしていくカットや、カメラを固定しておいて画面の外側から突然割り込んでくる人物など、その独特な映像手法は健在だ。

 

さらに音楽面で言うと、この映画は井上陽水忌野清志郎の共作による名曲「帰れない二人」なしには語れない。

歌い手を変えた様々なバージョンが、何度も印象的なシーンで流れてくる。憂歌団のヴォーカルの人や加藤登紀子のバージョンが流れたりするので、気を緩めないように(笑)。

中でも、ラスト近くのジャズ・バーで、中井貴一が吹くトロンボーンに合わせて牧瀬が「帰れない二人」を歌い、そして踊るシーンは本作のクライマックスだ。

この世との別れを決意し、悲壮感や切迫感といった様々な感情を開放していく二人の「帰れない二人」が心地よい。
内容的にはかなり切ないお話なのだが、鑑賞後は爽やかな気分になれる、そんな映画だ。

 

最後に、もう25年以上前の映画だから仕方ないのかもしれないが、相米監督はもとより、出門英谷啓、おヒョイさん..など、既に他界された方が何人か出演していて、別の意味で感慨深かった。

 

私的評価:★★★☆☆

 

東京上空いらっしゃいませ [DVD]

東京上空いらっしゃいませ [DVD]